コーヒーカッピング体験 アイキャッチ

https://aoiharuka.me

コーヒー

自宅にあるものでコーヒーカッピング体験!お蕎麦を食べる時に使う「おちょこ」が意外に良い!

投稿日:

飽くなき、コーヒーへの追求。

前々から気にはなっていたものの、何でもかんでも形から入る私は、「コーヒーのカッピングをやってみたいけど、道具がないなぁ〜」なんて、ふざけたことを抜かしてました。

いや、普通に…

家にあるものでできる!

って、考えに至るまでに、実はそんなに時間は掛からなかったです。

そう。

こいつが意外にもカッピングの器にピッタリでした▼
そばちょこでコーヒーカッピング

まぁ、兎に角、今回は「家にあるやつで代用して、カッピングを体験してみたよ!」という、お話し。

カッピングって?

カッピングとは、コーヒー豆の品質の良し悪しを評価する方法です。

バイヤーさんが現地へ向かい、品質をチェックするために行ったりするのですが、コーヒーショップでも焙煎したコーヒー豆が自分の好きな味になっているか?とか、その豆にあった焙煎加減を研究するためとか、カッピングする理由は人によって様々。

美味しくコーヒーを飲む。というわけではなく、あくまでコーヒーの香りや味わいを確認するための方法なので、ある意味「変態」向きです。

当然のことながら、味がブレたりしては台無しなので、毎回、同じ条件でコーヒーを淹れることがポイント。

当然、ハンドドリップで毎回、同じ条件でコーヒーを淹れるのはとても困難なので、ハンドドリップなどは行いません。

まぁ、毎回同じ条件という課題をクリアできれば、やり方は色々と出てくるかもしれませんが、今回やってみたカッピングはオーソドックスなカッピングスタイルです。

とっても簡単なので、コーヒーが死ぬほど好きならやってみてください。

準備するもの

自宅コーヒーカッピングに必要なもの

専用のものを使えば、毎回同じ条件でカッピングが出来るので、カッピング専用に揃えるのも、それはそれでアリだと思います。

必要なもの

コーヒー豆 10g
沸騰したお湯 150g以上
耐熱の器(グラスなど)
スプーン2個(スープ用が好ましい)
白湯
キッチンペーパーなど
キッチンスケールなど

白湯とキッチンペーパーは、飲み比べをする際にスプーンを洗う用です。

今回、私はお試しで初めて焙煎したコスタリカ ハニーがどんな味に仕上がっているか?を確認するために行い、飲み比べなどはしていないので、白湯とキッチンペーパーは用意しませんでした。

兎に角、カッピングで注意することは、毎回、同じ条件でコーヒー淹れる。ということです。

なので、冒頭にも書いた通り、蕎麦ちょこがホントに良いサイズで、コーヒー豆10gと熱湯150gがピッタリに入って、しかも同じものが2つあるので、二つの豆の飲み比べができますwww

いや、買えよ!という、話なんですけどねw

で、カッピング用のスプーンですが、スプーンは別に同じものを揃える必要はありません。

が、出来ればスープ用のような底の深いものが良いです。

今回、私は普通のスプーンを使ったのですが、かなりチビチビすすることになるので、スープ用があれば、スープ用が良いです。

今、思ったけどレンゲとか良さそうじゃんね?

カッピングのやり方、評価のタイミング

ではでは、早速カッピングをやってみましょう。

カッピングは香りと味わいの確認なのですが、香りに関しては3回、チェックするタイミングがあります。

ドライ

まずは、豆を挽きます▼
コーヒーカッピング体験 ドライ

この時点で香りをチェックします。

この評価方法を「ドライ」と呼びます。

挽きたての良い香りがします。

クラスト

続いて、お湯を注いだ時の香りをチェックします▼
コーヒーカッピング クラスト

お湯を注いでから、1分後が目安になります。

ブレイク

お湯を注いでから4分後、スプーンを使って撹拌します▼
コーヒーカッピング ブレイク

粉が表面でふたをしている状態なので、ブレイクすることによってコーヒーの香りが一気に立ち上がります。

少し、テンションが上がる瞬間でもあります。

テイスティング

さて、いよいよテイスティングです。

2つのスプーンを使って、表面の泡を取り除きます▼
コーヒーカッピング テイスティング

テイスティングはスプーンでコーヒーをすくい、お蕎麦とか、ラーメンを食べるときのように、スッとすするようにして口の中に運びます。

ここでも、毎回同じ量を吸い込むように意識します。

コーヒーを霧状に吸い込むことによって、鼻から香りが抜けるので、味と香りのチェックができるわけです。

テイスティングでは熱いのと、冷めたのとと、時間経過でどんな味わいの変化があるかなんかも、チェックします。

あとがき

今回、カッピングをやってみて感じたのは、豆の味がダイレクトに感じる!ということ。

フレンチプレスに似た感じなのでしょうけど、ここ最近はペーパードリップばかりなので、コーヒーは淹れ方次第で全くと言って良いほどに味わいが変るな~なんて、改めて思ってしまいました。

というか、自分でコーヒーを焙煎する人なら、間違いなくカッピングもやった方が良い。

私も手網焙煎をするので、真面目にカッピング用品を揃えてみようと思っています。

アオタカ

完全にコーヒー変態向きですけど、コーヒーが死ぬほど好きなら、これはやった方が絶対に良いです。
初めてのコーヒー豆とか、同じ豆で焙煎する人が違うとか、自分が焙煎したやつと他の人が焙煎したやつと比べるとか

カッピングを知っておくと、よりコーヒーの世界にどっぷりとハマれますよ!

おしまい

  • この記事を書いた人

アオタカ(takayuki kurose)

4歳の娘と、1歳の息子のパパをやっている30代後半の意識高い系。 2017年 8月より禁煙(アイコス)開始。子どものためと思えば卒煙できる! コーヒーが好き過ぎて、ついに手網焙煎するまでになりました。 脱サラして焙煎工房を作るために勉強中です。

-コーヒー
-

Copyright© あおいそらとはるかかなた , 2019 All Rights Reserved.