https://aoiharuka.me

コーヒー コーヒーアイテム

オレのコーヒースタイル。version.2018.2

投稿日:2018年2月28日 更新日:

手網焙煎士 (新米)のアオタカです。

さて、この記事で記念すべき10記事目!となりますので、この記事では「手網焙煎の魔術士」、及び、「スペシャライズド ハンド ローステッド」の名を我が手中に収める野望を持つ、わたくし、アオタカが現在愛用中のコーヒーアイテムをいくつかご紹介します!

私自身が初心者なので超絶初心者の方には目から鱗の情報になることでしょう。

ミル

美味しいコーヒーを飲むためには、まずコーヒーの豆を挽くミルが必要です。

市販のコーヒー豆は初めから挽いてあったり、スーパーなんかではセルフでミルが置いてあったりします。←あれって、カリタ製なのね。

もちろん自家焙煎の店でも購入した豆は希望があれば挽いてくれます。

しかし、コーヒー豆を挽いてから時間が経ってしまうと、コーヒー豆の中のガスが抜けきってしまい、ハンドドリップが難しくなります。

風味や味など、人によって感じ方も違ければ好みも違うので、一概には言えませんが、個人的には雑味も増えるし、香りも減るしで良いことなんかありません。

豆を挽いてすぐに冷凍保存する。という手もありますが、空気に触れる面が多くなると劣化のスピードが早くなるそうです。

約3時間で主要な香り成分は飛んでしまう。なんて話もあるくらい劣化が早いので、美味しいコーヒーを淹れるためにはミルは必要不可欠。

で、現在わたくしが愛用しているミルはカリタの手挽きミル。

なんといっても価格が安いです。

あっちのブログにもちょっと書きましたけど、そこそこ均等に挽けるので、これからコーヒーを始める!なんて人にはホントにおススメです。

因みに、小型の電動ミルですが、私はあまり良い話を聞かないので、中途半端な電動ミルを購入するくらいなら、手挽きの方が良いと思います。

きちんとした電動ミルは安くても3万前後するので、お金に余裕があれば良いかもしれませんが、手軽に始めるなら安い手挽きが良いでしょう。

ドリッパー

美味しいコーヒーを淹れる方法はたくさんあります。

ドリップと、ひと言でいってもペーパー、ネル、ステンレスフィルターなど素材も様々。

私は兎に角「基本型」に、こだわる性格なのでペーパーでやってます。

というか、やってみて思ったのですがペーパーが一番手軽で良いような気がします。

まぁ、好みの問題ですが。

で、現在のわたくしの愛用のドリッパーですが、カリタの3つ穴式の陶器ドリッパーを使ってます。

これね↓

ハンドドリップのデビュー時は、ハリオのプラスチック製の円すい型ドリッパー V60を使っていましたが、個人的にはドリッパーは重い方が扱いやすいような気がします。

サーバーにドリッパーをセットした時に、安定するんですよね。

V60にも、陶器製はあるので、少し値は張りますがドリッパーは適度な重さがあった方が初心者には良いかもしれません。

まぁ、プラスチック製は300〜500円くらいで買えますけどね。

ドリップポット

ドリップポットもカリタのペリカンってやつを使ってます。

2000円くらいで安いです。

ただ、お湯を細く出すのは難しいです。

全くもって初心者向けではないので、あまりオススメはできません。

つーか、ハリオのドリップポットが超欲しいです。

価格もそんなに高くないし、デザインも中々いいし、使ってる人も多いしで良いとこだらけ。

始めに買うなら、絶対にこっちが良いと思います。

サーバー

一杯分のコーヒーを淹れるなら、直接カップにドリップしたら良いと思いますが、我が家は自分と妻と娘のカフェオレの3杯分、コーヒーを淹れるのでサーバーが必要。

カリタのサーバーを使っていたのですが、食器洗い中に不注意で割ってしまったため2代目です。←あるある。

キントーのガラスジャグは華奢で超割れそうですけど、価格もそんなに高くない割にはデザインも良く、兎に角コーヒータイムの気分が上がります。

いくつかの形状があるので、好みの形で選んでみてはいかがでしょう?

コースター

ソーサーがあれば、それで良いし、別になくても良いとおもいますけど、このコースターがとても好きなので使用頻度は超高いです。

これはあおいお姉ちゃんが保育園のイベントで作ったものなので、当然、市販されていませんw

子どものセンスってなんでしょうね。

何も考えず、直感だけでやってるんだと思いますが、きっと大人には真似できない。

因みに、家でもお姉ちゃんが作ったコースターがあります。

これの材料はダイソーで購入可能。

タイルと木で200円です。

くっつけてるのは、普通に木工用ボンド。

中々、楽しいですよ♪

あとがき

コーヒーって、コーヒーそのものの味とかだけじゃなく、雰囲気も大事。

気に入ったデザインのコーヒーアイテムや機能性に酔いしれたり…

時には失敗して美味しくないコーヒーを淹れてしまっても、それが楽しい時間になったりするから不思議です。

あと、私は娘が産まれてから絵本の影響で、エリックカールのファン(はらぺこあおむしの作家)なのですが、お姉ちゃんの誕生日にタクさんからいただいたあおむしのマグカップ。

お姉ちゃんのお気に入りなのはもちろん、パパもお気に入りなので、お姉ちゃんの手作りコースターとセットで良く写真を撮りますw

で、結局のところなんなんだ?って、感じですけど、コーヒーの趣味は手軽にできて、とても良いですよ!という、お話でした!

おしまい

  • この記事を書いた人

アオタカ(takayuki kurose)

4歳の娘と、1歳の息子のパパをやっている30代後半の意識高い系。 2017年 8月より禁煙(アイコス)開始。子どものためと思えば卒煙できる! コーヒーが好き過ぎて、ついに手網焙煎するまでになりました。 脱サラして焙煎工房を作るために勉強中です。

-コーヒー, コーヒーアイテム

Copyright© あおいそらとはるかかなた , 2019 All Rights Reserved.