https://aoiharuka.me

コーヒー コーヒーレシピ

焙煎に失敗!? なら、コーヒーベースにしてみては? 完全にハマる簡単で超絶においしいコーヒーベースの作り方!

このコンテンツは 2017年 10月 15日に Papa Daddy Oh にてUPしたコンテンツを加筆修正して転載しています。

こんにちは。

手網焙煎士のアオタカ(takayuki kurose)です。

コーヒーベースって知ってます?

カフェオレベースとか、コーヒーシロップとも呼ばれたりしています。

要は、今すぐカフェオレが飲みたい!って時に、コーヒーベースを牛乳で割って、すぐに美味しいカフェオレが飲めるように作られた濃縮コーヒー。

これがですね、普通に簡単に家でも作れちゃうし、何よりもめちゃめちゃうまい!

自分で言うものなんだけど、始めてコーヒーベースを作ってみたものの、自画自賛できるほど一発でかなり美味しくできました。

で、ちょっと前に焙煎に失敗して、さっさと豆を使い切りたかったので、コーヒーベースにしちゃおうか?なんて思ってやってみたら、これがまた美味しくなっちゃいました(^^;

お砂糖もがっつり入るし、牛乳で割って飲むから深煎りにし過ぎて苦くなったコーヒーなんかは逆にコーヒーベース向きだったりします。

好きなコーヒー豆で作るのも良いですけど、焙煎に失敗した豆でも美味しくなりますので、コーヒーベースの作り方を知っていると失敗が怖くなくなりますwww

家にある材料でOK!

材料はコーヒー豆と、砂糖だけになります。

人によってはインスタントコーヒーでやっちゃう人もいるみたいです。

兎に角、濃いめのコーヒーが作れればいいから、お好みのコーヒー、または焙煎に失敗したコーヒー豆と、お砂糖を用意してください。

一応、今回の分量を下にまとめておきますね。今回はお試しレシピとして、約300ml出来上がる量です。

必要なもの

  • コーヒー豆 …50g
  • お砂糖 …50g
  • 美味しいお水 …400mlくらい(出来上がりは300ml)

このレシピは、ペーパードリップで濃いめにコーヒーを淹れるので、お水は出来上がりの量より多めに用意。

激うま!簡単コーヒーベースの作り方

さて、肝心の作り方ですが、上記に書いている通り、コーヒーを濃いめにペーパードリップします。

今回、使用したコーヒーは失敗した豆ではなく「モカ・イルガチェフェ ウォッシュド」を使用しました。

モカ・イルガチェフェ ウォッシュドは、ナチュラルには劣りますが、それでも香りがすごく良い。

しかも、欠点豆をバンバン除去する生産過程を踏んでいるので、結果的に欠点豆の混入率が低くなるそうです。

なので雑味が少なく、クリアな味わいです。

価格もナチュラルよりも安いので、コスパの良いコーヒー豆です。

まぁ、豆知識はこの辺にしておきましょう…

そんなこんなで、兎に角、コーヒー豆を50g用意▼

50gのコーヒー豆を手挽きミルでゴリゴリと挽くのって、意外と辛い…

普段通りの挽き目でどうぞ。私はいつも中粗挽きですなので、中粗挽きです▼

ドリッパーにセット!

いつも通りに抽出!

いつもと違うのは出来上がりの量ですね。

コーヒー豆、50gだと我が家では600mlくらい淹れる割合なので、今回の出来上がり量の300mlだと、いつもの半分ですね。

結構、濃いめに出来上がっていることでしょう。←試しにペロッと味見してみたら完全に刺激物でした。

砂糖を投入!

お砂糖をコーヒー豆と同じ量の50g投入。

普通にグラニュー糖です。51gになってるけどご愛敬。

50gにした理由はですね、実は作り方を参考にしたサイトでは、私のレシピの倍くらいお砂糖を入れてるんです。

お菓子とかチョコとか、甘い食べものは大丈夫なんですけど、甘い飲み物があまり得意ではないんですよ、わたし。

うん。

本音を言うと「こんなに砂糖入れんの!?」って、ビビッて少なくしました(^^;

普通に無糖で作ったコーヒーベースとか売ってるんで、甘さは個人の好みで良いんではないでしょうか?

因みに、妻と私はこの甘さに悶絶しました。

奇跡ともいえるほど、我が家にとっては神の配合だったのでした。

鍋で煮る!

砂糖を混ぜたら鍋で、とろ火~弱火~で約10分ほど煮ます▼

すぐに吹くので、良くかき混ぜながら沸騰しないように煮て下さい。

10分くらい煮込んだら、火からおろし、粗熱をとったら瓶などに移して完成!

モカ・イルガチェフェ ウォッシュドでコーヒーベース作ったら、めちゃくちゃ美味かった! #コーヒーベース #コーヒー

あおいちゃんとはるかくんのパパさん(@aotak_kurose)がシェアした投稿 -

超絶簡単で激うまー!なので覚悟しておいてください。

あとがき

濃いめにコーヒーを淹れて、コーヒー豆と同じ量の砂糖を入れて10分くらい煮込むだけ!

スーパー簡単でしょ?

で、ジャムの瓶でコーヒー飲んでるの?って言われたので、Daisoで瓶買ってきました。

500mlのコーヒーベースを作ったときは、コーヒー豆とお砂糖を80gにしています。

ご参考までに。

コーヒーベースは濃いめにコーヒーを淹れるので、一回に使う豆の量がとても多くなってしまうから、余っちゃった豆でやる方とか多いみたいですね。

他にも、冒頭で書いた通り、インスタントコーヒーでやったり、カフェインレスコーヒーで作ったりする人もいるみたいです。

まぁ、最近は焙煎に失敗したらコーヒーベースにしてます。←失敗しなくなってきたから作れてない…

ホントに作り方が簡単なので、自分好みに色々とアレンジもできるから、作り方は無限ですね。

今回の甘さ加減は個人的には(妻的にも)超絶に良い感じだったので、気になったら試してみて下さい!

アオタカ
こんなに美味しく出来ると思ってなかったので、ちょっと色々と研究して「AOTAKA cafe base」を完成させる野望が湧いてきました…

時間があったらやってみてね!

おしまい

このコンテンツは 2017年 10月 15日に Papa Daddy Oh にてUPしたコンテンツを加筆修正して転載しています。

  • この記事を書いた人

アオタカ(takayuki kurose)

4歳の娘と、1歳の息子のパパをやっている30代後半の意識高い系。 2017年 8月より禁煙(アイコス)開始。子どものためと思えば卒煙できる! コーヒーが好き過ぎて、ついに手網焙煎するまでになりました。 脱サラして焙煎工房を作るために勉強中です。

-コーヒー, コーヒーレシピ

Copyright© あおいそらとはるかかなた , 2019 All Rights Reserved.