コーヒー コーヒーアイテム コーヒーレシピ

誰でも簡単に!美味しいコーヒーを自宅でハンドドリップするコツ!

2018年6月3日

自宅でおいしいコーヒーが飲めたら…

なんて、思いません?

最近は「フォースウェーブ」というコーヒーブーム第4の波のおかげで、忙しい朝でもコンビニに行けば、手軽にたったの100円前後で美味しいコーヒーが飲める時代です。

便利な世の中になったものです。

しかーし!

当然ながら、自宅でコーヒーを淹れるメリットも大いにあります。

自宅でコーヒーを淹れる場合、200g 1200円のスペシャルティコーヒーの豆を使っても、1杯あたり75円ほど!

コンビニコーヒーよりも安く、しかも香りも味も段違いに美味い!

少し手間はかかるものの、美味しい本格的なコーヒーが意外と安く自宅で飲める!というのが、最大のメリット。

でも、コーヒーって何だか難しそう。と、思っている人って多いんですよね。

はっきりと言いましょう。

コーヒーの世界は一度踏み込むと抜け出せないほどに奥が深いのですが、自宅で美味しくハンドドリップするのは誰にでも出来ます!

少しのコツと知識があれば、誰にでも美味しいコーヒーを淹れられるのです。

コレだけは絶対に必要!コーヒーアイテムの数々!

何はともあれ、コーヒーを抽出する器具がないと始まらない!

もしかして、コーヒー器具ってやたらとお洒落だから、高価イメージがありますか?

これがね、意外と手軽なんです。

例えば、初心者には特にオススメなドリッパーのハリオのV60というドリッパーなんですが、Amazonで買えば¥500以下です。

ちょっと、いいドリッパーでも1000円~2000円くらいが主流です。

コーヒーメーカーとかでも良いんですが、せっかく趣味でコーヒーをやるなら、ハンドドリップとかしてみたくないですか?

ハンドドリップをすること前提に、ハンドドリップを勧めていますが、何と言ってもハンドドリップの醍醐味は「味が安定しないこと」なんです。

ダメじゃん!

って思うかもしれないけど、味が不安定になるからこそ、思っていた味と違う味になれば、自分の知らない世界に連れていかれることもあるし、思った通りの味になるとめちゃくちゃ嬉しい。

だから、自分が淹れた1杯のコーヒーに愛着がわくわけです。

安定した味を求めるならコーヒーメーカーの方が良いけど、私はその時、その一瞬にドラマが生まれるハンドドリップを超絶にオススメしてます!

ドリッパー

挽いたコーヒー豆を濾して抽出するアイテム。

フィルターは紙とかネル(布)とか様々で、形状も3つ穴タイプとか、1つ穴タイプ、円錐型など各メーカーから色々と出ています。

因みに初心者でしたら断然、私はペーパー推しです。

理由は手入れが楽だから(^^;

ネルは本当にお手入れが大変のようで、きちんと手入れをしないと布だからカビが生えたりするのは、私にでも容易に想像できます。

当然、私生活がだらしのない私は、ネルを一瞬でカビらせる自信があったので、ペーパーを選びました…

ペーパーなら使い捨てなのでお手入れもドリッパーだけ洗えば良いし、フィルターもその辺で売ってるから購入も簡単。

安いし。

まぁ、最近はペーパーすら必要ないステンレスフィルターのドリッパーもあります。

ペーパーでも、ネルでも、ステンレスフィルターでも、形状は似ていてもそれぞれに個性があって、その辺りを追求するのも楽しいのですが、今回はその辺りは割愛して、ペーパードリッパーのオススメドリッパーのお話です。

初心者にオススメなのは冒頭にも紹介したハリオ V60が良いと思います。

私も初めて買ったドリッパーはハリオのV60でした。

初心者に優しいというか、淹れやすい。

また、実はその辺のスーパーなんかでも買えたりするので、購入のしやすさも兼ねてオススメです。(当然、ペーパーも売ってる)

その後、オーソドックスな台形ドリッパーに何故か憧れて、私が今現在、メインで使ってるドリッパーがコレになります▼

カリタの3つ穴の陶器ドリッパー102です。

老舗のコーヒー器具メーカーカリタ。

定番といえば、定番のドリッパーです。

カリタのドリッパーは3つ穴式なので、抽出する速度が速く、雑味がなくクリアな味わいになります。

慣れてくるとお湯を注ぐスピードを調節して、しつこい味(ゆっくり淹れる)も表現できるのである意味扱いやすいのかも。

プラスチック製の102もありますが、私が陶器製のドリッパーを使っている理由は安定するから。

プラのドリッパーだと軽くてカタカタするイメージ。

気分的なものだけど、気分が優れないコーヒータイムってイヤじゃないですか。

なので、ドリッパーだではなく、コーヒーアイテムを選ぶ際は自分の好きなデザインであることも重要なんです。

あと、フィルターですが、なるべくメーカーに合わせて使うと良いでしょう。

形が同じでも、微妙に大きさなどが違ったりするので、初めのうちはカリタのドリッパーならカリタ、ハリオのドリッパーならハリオ。といった具合に同じメーカーのものを使えば失敗はありません。

もう一ついうと、ペーパーフィルターには漂白(白色)と無漂白(茶色)のフィルターがありますが、漂白フィルターの方が紙臭くなくて良い。ということを最近、ようやく体感しました。

やっとわかるようになった。

だから、最近は漂白のフィルターか、特殊な竹製のフィルターを使用しています。

竹製のやつは高いです。

まぁ、その話はまた今度。

ミル

豆は絶対に挽きたてが良い。

おいしくコーヒーを淹れる最大のコツは、コーヒーを淹れる直前に豆を挽くこと。

これは絶対。

だから、ミルだけは絶対に買いましょう。

今回は初心者が手軽にコーヒーを趣味にする。をコンセプトに書いているので、オススメするミルは一択。

カリタの手挽きミル。

これは今現在、あたしもメインで使用しております。

割と均一に挽いてくれますし、何よりも安い!

カバーがないから豆が飛び出るのが難点だけど、挽き目の均一さを考えると、価格以上のものであると私は思います。

※ミルを新調しました!

ハリオのセラミックミルも超絶にオススメです!▼

ドリップケトル

やかんでハンドドリップはできません!

なので、ドリップポット、ケトルも必須!

ハリオのケトルはかなり評価が高いので、ちょっと私も購入してみようかと思っています。

使っている人も多く、こちらも兎に角、安いです。

因みに、私が現在使っているドリップケトルはコレ▼

完全に見た目だけで買いました。

ちょっと、お湯を細く注ぐのが難しいです。

因みに、やかんでドリップするくらいなら、少しやり難いですけどお茶の急須で淹れた方が上手くいきます。

要は、お湯を細く注げればそれでいいので。

サーバー

私がコーヒーサーバーに求めていることは、機能は最低限でおしゃれなもの。

多機能じゃなくていいの。

どちらかというと、サーバーはテーブルに持っていくから機能よりは見た目を重視。

先ほどにも書きましたけど、コーヒーアイテムを選ぶ際は、気分の上がるデザインで選ぶと良いですよ♪

私のオススメはコレ▼


キント―のコーヒーサーバー。

ちょっと華奢でとても割れやすそうだけど、お値段が手頃。

中々、この値段ではないと思うよ!

コーヒーサーバーは自分の好みで選ぶと良いです。

デザインは気にしなくて安いのなら、1000円以下でも買えます。

なんなら、ダイソーで300円くらいで売ってます。

美味しいコーヒー淹れ方

最低限、揃えたいコーヒーアイテムはこんな感じです。

欲を言えば、温度計もあると良いです。あとキッチンスケール。

まぁ、あれば。で良いです。

さて、コーヒーアイテムが揃ったらおいしいコーヒーの淹れ方だけど、

コーヒーを淹れるポイント

  • なるべく焙煎したての豆を使う
  • 淹れる直前に豆を挽く
  • 粗さは中粗挽き(ペーパー用)
  • 湯温は90℃以下(大事!)
  • ゆっくりと全体にお湯をかけて30秒程蒸らす
  • 中心から注いで土手を壊さない
  • ペーパーにお湯を垂らさない
  • 抽出時間は約3分(分量による)

これくらいかな?

豆については後述するけど、お湯の温度が90℃以上あると、苦味が増します。

挽き目はペーパー用に中粗挽きが最適。

初めは蒸らす。

膨らんだ土手を壊さないように、そしてペーパーフィルターにお湯がかからないように気を付けながら、中心を狙って注ぐ。

全体的に回しかけるように注ぐと、濃いめのコーヒーになります。

一応、これ貼っとく▼

エチオピア ゲシャ ビレッジ農園を淹れました。 ・ ゲイシャを飲んだことないのに、焙煎してしまうという暴挙に出たわけですが、ナニコレ? ・ ちょーうまいんですけど。 ・ イルガチェフェのナチュラルを飲んでコーヒーの常識を覆された私ですが、あの感動が再び。って感じ。 ・ 私と妻は、所謂コッテリ系のラーメンが苦手で、(若い時は好きだったのよ。2人とも) コーヒーでもラーメンと同じく、あっさり系が好きなんです。 ・ なので、ペーパーでドリップする際は、豆全体にお湯を注ぐのではなく、中心を狙うことを中心に注ぎますw ・ ちゃんとした豆を使えば、味の薄い間の抜けたようなコーヒーにはならず、苦味を抑え、香りを引き立たせた、激ウマなあっさり系のコーヒーがはいります。 ・ 妻はブラックコーヒーを飲めない人だったのですが、今ではすっかりブラックで飲んでます。 ・ 稀に私が焙煎に失敗したりして苦味が強く出てしまった時は砂糖もミルクも入れますけど。 ・ 兎に角、香りは華やかで味わいはクリア。 ・ 今回は狙い通りの焙煎にはならず、少し焼き過ぎてしまったので、次回は明るい酸味を出す感じの浅煎りで焙煎したいと思います。 ・ 多分、もの凄くフルーティーになると思う。 ・ #手網焙煎 #ハンドドリップコーヒー #自家焙煎 #コーヒー #coffee #ゲイシャ #コーヒーのある暮らし #コーヒー好きな人と繋がりたい

あおいちゃんとはるかくんのパパさん(@takayuki_kurose)がシェアした投稿 -

ちょっと、特殊な淹れ方も貼っておきますね▼

通常は初めに豆を蒸らすんですけど、これはちょっと特殊な淹れ方。

賛否分かれると思いますが、蒸らしていない分、苦味を抑えたあっさり系になります。
(蒸らすの大事なんですけどね!)

コーヒー豆を通販で買ったりすると、コーヒーの美味しい淹れ方ハンドブックみたいのが付いてきたりするんだけど、人によって、豆の量や淹れ方が違うので、色々と試してみると面白いですよ!

ここまでのポイント

意外とコーヒーアイテムは手頃で揃えやすいんです。

お金もあまり掛からないし(掛けようと思えばいくらでも高くできます…)、自宅でできるから、仕事、家事、育児に忙しいパパなんかにはオススメの趣味だと思うんです。

家の中でできるし、高価なコーヒー豆を買っても1杯100円くらいだから、実は毎朝買う缶コーヒーの方が高かったりする。

しかも、ポイントさえ押さえてしまえば、おいしいコーヒーがいつでも淹れられる。

とはいっても、コーヒー豆の種類、淹れ方などで味わいが全然違ってくるから、奥も深い!

コーヒーって楽しい!

コーヒー豆について

さて、コーヒーを自宅で美味しく入れる方法は、実は鮮度の良い豆を使って、ドリップする直前に豆を挽く。

って、いうのが鉄則です。

当然、今まで書いたコーヒーアイテムも必須なのですが、豆の鮮度は非常に重要です。

ここからはpart2的な感じで、コーヒー豆について偉そうに語ってみたいと思います!

焙煎したての新鮮な豆に感動!

そもそも、私がコーヒーにハマったきっかけが、とある日に街をぶらぶらとしていたら「自家焙煎コーヒー」の文字が目に入りました。

実は、この少し前に妻の誕プレに買ったデロンギのコーヒーメーカーがぶっ壊れて、修理に出すとか、保証期間が過ぎてるとか、なんとか言ってるうちにスーパーでハリオの円すい型ドリッパー(プラ)が¥300くらいで売ってたから、面白半分で買っていたのだ。

今まではスーパーとかコンビニで変えるようなコーヒー粉(当時はミルを持っていない)でコーヒーを淹れていて、コーヒーの味の違いなんて全くわからなかったぺーぺーが、少しハンドドリップをかじったもんだから調子に乗って「自家焙煎コーヒー」の文字に吸い込まれて店に吸い込まれた。

店に入ると、完全にアウェー感満載で、豆の種類が種類豊富に揃っているせいで、何を買ったら良いのか全く見当もつかなかった。

というか、もはや何を買ったのか覚えてないなぁ~。

多分、ブレンド買ってますね。

兎に角、焼きたてのコーヒー豆に感動したわけ。

焙煎から日が経つと膨らまない

実はコーヒー豆って、焙煎してから劣化が早くなるんです。

しかも、ミルで挽いて粉にすると、さらに劣化が加速する。

だから、あまりこういうことは言いたくないのですが、スーパーとかで売ってる既に粉になったやつは、劣化が進みまくっている。ことになるんです。

焙煎の方法とか、個人の好みとか色々ありますけど、ミルで豆を挽いて約3時間で主要な香りや味わいは飛んでしまっている。と、言われています。

ガスが完全に抜けきっているので、ドリップもし難いし良いことがないんですよね。

新鮮な豆は気持ちよく膨らむ▼


真面目な話し、素人でも新鮮な豆を使ってハンドドリップしたら割とそれなりに美味しく出来る。

まとめると、なるべく焙煎したての豆を使うのが、実は美味しいコーヒーを淹れる一番のコツ!だと言えよう。
(焙煎直後だと、ガスが溜まり過ぎて逆に良くないです。3日目くらいから落ち着き始まます)

意外と多い自家焙煎店

焙煎したての新鮮なコーヒー豆を手に入れるには、自家焙煎のお店に行くのが一番手っ取り早い。

で、実はコーヒー豆の自家焙煎のお店って結構ある。

うちの周りにも、近所とまでは行かないけど自転車転をころがして行ける距離に自家焙煎のコーヒー店が4店舗あります。

気になったら試しに「自家焙煎コーヒー」でググってみて下さい。

位置情報も入れたら近隣で出てくるかもしれませんよ?

近くになかったら…

当然のことながら、「うちの近くにはない!」って人もいると思います。

そんな時はネット通販。

自家焙煎コーヒー豆を販売している人&お店って大体がネット通販をやってます。

んで、もちろん注文が入ってから焙煎するところが殆どです。

自家焙煎のお店は、焙煎した日を載せている店が多いです▼

良く行くお店も▼

ネット通販で、特に私がオススメしているのはこちら▼

もちろん、注文を受けてから焙煎してくれますので、焙煎したてのコーヒー豆が手軽に手に入ります。

しかも、スペシャルティコーヒー。

で、なにがオススメかって、ロクメイコーヒーさんは初回購入限定のお試し4種セットという、超絶怒涛にお得なスペシャリティコーヒー4種セットの豆を販売しているんです!

ブレンドコーヒー、インドネシア、コスタリカ、エチオピアと個性の強い4種類のスペシャリティコーヒーが一気に楽しめてしまう。

例え、自宅近くに自家焙煎コーヒー店があってもこれはお得過ぎなので、ぜひともオススメしたい。

他にも色々とあるんですが、コスパでいったらこのスペシャリティコーヒー4種セットが断トツでしょう。

その代わり、初回購入限定…

まぁ、だからこそ初心者の方には試して欲しいです。

詳しくは、こちらの記事に書いてますので、まだ時間があったら読んでみて下さい▼

さらにコーヒーを追求したければ、自分で焙煎してしまうのもありです▼

あとがき

コーヒー豆は焼くと、内側にガスが溜まるので焙煎したての豆は良く膨らむのですが、実は焙煎した3~4日後が香りとコクのバランスがとれていて一番の飲み頃。なんて言われてます。

まぁ、結局はこれも好みの問題で、焙煎から1週間は寝かせておく。という方もいます。

個人的には焙煎から2週間くらいを過ぎた辺りから、豆が膨らまなくなって、香りも弱く、苦味と酸味が増すように感じます。

コーヒー豆は冷凍保存も出来るので、ちょっとこの量は飲み切れないな。と思ったら、冷凍しちゃうのもひとつの手です。

まぁ、わが家では1週間くらいで飲み切ってしまうので、冷凍はしませんが。

アオタカ
渾身の8000文字オーバーの記事(^^; 長々と最後まで読んでくれてありがとうございます!

コーヒーライフは楽しいですよ!

おをしまい

  • この記事を書いた人

アオタカ(takayuki kurose)

4歳の娘と、1歳の息子のパパをやっている30代後半の意識高い系。 2017年 8月より禁煙(アイコス)開始。子どものためと思えば卒煙できる! コーヒーが好き過ぎて、ついに手網焙煎するまでになりました。 脱サラして焙煎工房を作るために勉強中です。

-コーヒー, コーヒーアイテム, コーヒーレシピ

Copyright© あおいそらとはるかかなた , 2019 All Rights Reserved.