https://aoiharuka.me

Guitar 音楽

私が本当に初心者にオススメしたいエレキギター3つのメーカーを厳選!というか、自分が欲しい!

投稿日:

このコンテンツは2016/12/29にPapa Daddy OhにてUPした記事を加筆、修正して転載しています。

ども!

実はギタリストのアオタカ(takayuki kurose)です。

我が愛器が帰ってきたことを良いことに、ギターネタをブログを書いたら意外と反応がありましたので…
ギターが直った!嬉しくて楽しくてブログ更新!

折角のお得意分野ということで、調子に乗ってちょこちょことギターネタを書こうかと思います。

さて、今回はお題の通り、私が初心者にオススメたいエレキギター。

今までの私の経験から、「これだったら間違いなし!」な、エレキギターを厳選して3メーカーピックアップしました。

出来るだけ、うんちく関係は省き、初心者の方にもわかりやすいように「どんなところがオススメなのか」だけに絞ってご紹介します。

よろしければご参考までにどうぞ~

ギター購入の際の注意点

最近はネットを使えば簡単に、ギターなどの楽器の購入が出来てしまいます。
便利ではありますが、ギターを選ぶ際に最も重要なポイントは、『音』と『弾きやすさ』です。

さすがにこればっかりは、実際に現物を自分自身で触ってみないとわからないこと。

例えば、ギターは「ネックが薄いと弾きやすい」と言われていて、実際にテクニカル系のギタリストはネックの薄いギターを使用している方が多いです。

しかし、これは好みの問題もあり、人によってはネックの薄いギターは「弾きにくい」と感じる人もいます。

私もどちらかというと、厚みのあるネックの方が好きだったりします。

自分の好みは自分にしかわからないので、コレ良いな!と思ったら、面倒くさがらずに楽器屋に行って、実際に触ってから購入を考えてください。

プロアマ問わず、こだわる人は絶対にネットで楽器を購入したりしません。

『音』や『弾き心地』を必ず確認した上で買うか買わないかを判断します。

この記事では、ギターの画像、中古価格の相場、型番などを確認する目的でAmazonのリンクを貼っています。

あくまで、ギター購入の参考にしてもらう為のリンクなので、勢いでその場で購入しないように気を付けて下さい。

シェクター

オレが欲しいです。

なぜなら、Schecter SD-IIは、私の憧れだったギターだから…

中古だと10万切ることを初めて知りました…
よくよく考えてみれば、そりゃそうだ。

※価格はその時々で変動します。

ブリッジの形状に特徴があり、人によっては弾きにくいと感じる方もいると思いますが、ネックの形状も程よく、弾きやすい部類のギターかと。

サウンド的にはヘビメタ、ハードロック寄りですが、割とオールマイティーに使えるんじゃなかろうか。

ただ、どうしてもパワーがあるから軽~い感じの曲には向かないかも。
どちらかと言えば、シェクターならBHシリーズの方がオールマイティーに使えそうです。

この辺のランクのギターは賛否両論の意見がございますが、個人的には全然あり。

正直なところ、初心者向けって感じではないんですけど、単純に私の欲しいギターなんでご紹介しました(^^;
本当に、オレがホシイ…

Fender

みんなの憧れ、「Fender」です。

フェンダーといば「USA」をイメージする人が多いと思いますが、「Fender Japan」でも私としては全然ありです。

事実、「Fender USA」ではなく「Fender Japan」のギターを愛用する海外ミュージシャンも意外と多いです。

まぁ、ちょっと昔の話ですが…

しかし、フェンダージャパンのギターは、基本的に日本人に合わせて制作していますので、USAよりJapanの方が『弾きやすい!』はずなんですね。

USA製でも中古なら10万切るので(ものによる)、手頃といば手頃ですが、Fender Japanの中古は下手したら3万円台からあります。

私は比較的、USA製よりJapan製の方が弾きやすいと感じる場合も多く、中古なら価格も高くないので特に初心者にはオススメたいギターです。

フジゲン

マニアック過ぎて知らない人の方が多いかと思いますが、日本が誇る老舗楽器メーカー『フジゲン』。

かつて、フェンダージャパンのギターやベースはフジゲンが作っていました。

フジゲンというのは、楽器製造の下請け会社っす。

オリジナルブランドのギターやベースも展開していますが、あまり知られていません。

フジゲンの何が凄いって、その作りの良さ。

少しうんちくを語ると、フジゲンは過去にフェンダーの技術支援なども行っていますし、現在でもアイバニーズの国産上位ランクのモデルの作成はフジゲンです。

島村楽器オリジナルブランドの「ヒストリー」も作っているのはフジゲンです。

先ほども伝えましたが、昔Fender Japanを作っていたのもフジゲンです。

安心の実績 フジゲンなんです。

もっと語りたいんですけど、うんちくはこの辺にして、そろそろフジゲンのオススメポイントを語りましょう。

フジゲンに「Neo Classic」というシリーズがあるんですが、こいつが秀逸なんです。

価格は新品でなんと10万ちょいくらい!
中古なら5~6万くらいです。

安いんです。

しかも、作りの良さが定評のフジゲンです。安いんです。

サークルフレッティングシステムとか、その辺はちょっと省きますが、弾きやすさは抜群です!←個人的な見解。

しかも、安い!

なぜ、フジゲンにこんなに熱くなっているのかって?

実はワタクシ、ヒストリーのギターをしばらくメインに使用していた時期がございました。

その頃の衝撃と言ったら、なんと言ったら良いかわかりません。

唯一の弱点を上げるなら、それは優等生過ぎるところでしょうか。

まぁ、うんちくとか私の話しは置いといて、私が初心者に本当にオススメたいギターは、実はフジゲンのNeo Classicシリーズなんです。

弾きやすさ、価格、全体のバランスの良さ。
これほど、初心者にオススメできるギターもそうそうないかと。

探せばあるんだろうけど…

あとがき

この記事を書いたきっかけなんですけど、Twitterにて小指が届かなくてコードが押さえられない!というお悩みをチラッと拝見しまして、そんな人達に私がオススメたいギターはなんぞ?と考えてみました。

はっきり言って、初心者用、入門用みたいな1~2万円くらいのギターはオススメできません。

探せば「当たりがある」なんて話もありますが、どっちにしろ安いギターには理由があり、言ってしまえばパーツが安いんです。

例えばエレキギターが音を拾う「ピックアップ」なんかは買うと1個2万とか普通です。

自分で交換出来ればピックアップ代だけで済みますが、やってもらう場合は工賃とかも掛かって、ピックアップの交換だけで3万とかするわけです。

しかも安いパーツはすぐ壊れます(^^;

とは言え、いきなり20万、30万もするギターを買え!って言うのもあれなんで今回、注目したのは中古の価格です。

それで言えば、Fender Japanやフジゲンなら大体4~6万くらいが相場です。

日本人なら弾きやすいと感じる人も多いでしょうし、元の価格は10万前後のギターなので、そんなに変なパーツも付いてないです。

上手くなってくれば、アレが欲しい、コレが欲しい。とかなると思いますが、そんなのは上手くなってから考えれば良いんです。

アオタカ
Fender Japan、フジゲンは批判的な意見も多いです。安いからでしょうか?

賛否両論な両メーカーですが、私の意見としてはどっちかって言ったら、全然あり。

ただ、楽器は個体差が必ずあります。好みの問題もあります。
冒頭でも伝えた通り、必ず自分で触って、音を出してから買うかどうかの判断を!

今後もギター関連の記事を書いていきますので、興味のある方はフォローなどなどしていただけると嬉しいです。

おしまい

このコンテンツは2016/12/29にPapa Daddy OhにてUPした記事を加筆、修正して転載しています。

  • この記事を書いた人

アオタカ(takayuki kurose)

4歳の娘と、1歳の息子のパパをやっている30代後半の意識高い系。 2017年 8月より禁煙(アイコス)開始。子どものためと思えば卒煙できる! コーヒーが好き過ぎて、ついに手網焙煎するまでになりました。 脱サラして焙煎工房を作るために勉強中です。

-Guitar, 音楽

Copyright© あおいそらとはるかかなた , 2019 All Rights Reserved.